コンタクトをしていて困ることは、大きく分けて2つあります。

コンタクトをしていて困る事
Hot Ranking
コンタクトをしていて困る事

コンタクトをしていて困ることは、大きく分けて2つあります

コンタクトをしていて困ることは、大きく分けて2つあります。
まず1つは、純粋に瞳への負担のこと。コンタクトレンズをしながら長時間パソコン画面などに向かっていると、やはりコンタクトレンズを使用していない状態の時より疲れを感じます。基本的には日中はコンタクトレンズをしていても、夜には眼鏡にして瞳を休ませる様に意識はしていますが、やはり眼の疲労は溜まっていると実感します。そういった毎日の疲労の積み重なりが、どれくらい瞳へ負担をかけているのかが気になります。その瞳への疲労が頭痛や肩こりにもつながっていると思うと、やはりその瞳への負担は減らしたいと感じます。
そして困ることのもう1つは、突然の災害です。
やはりこの間の震災をきっかけに、より不安を感じるようになりました。
コンタクトレンズは毎日のケアが必要になってくるものだし、突然の災害時にはそんなケアなどしている暇はないでしょう。そしてそんな災害の中、視力が十分にないということはやはり不安です。
コンタクトレンズは非常に便利ですが、こういった困ることがあるのも事実です。

注目情報