コンタクトで困る事はやはり、スポーツの時にずれて落としてしまう事でしょうか。

コンタクトをしていて困る事
Hot Ranking
コンタクトをしていて困る事

コンタクトで困る事はやはり

コンタクトで困る事はやはり、スポーツの時にずれて落としてしまう事でしょうか。とくにバレーやバスケットボール、ハンドボールやサッカーなどジャンプ系の運動の時などは顕著にあらわれます。それほどボールのスピードは速くないと思いますが、それなりに視野を確保しておかないといけないわけですので、コンタクトは必需品だと思います。
野球については、古田選手の例があるように、メガネをつけていてもできますので、コンタクトが無くてもまったく問題ないと思います。コンタクトがずれてしまうとその場で直すのがなかなか難しいです。
汚れた手で触ってはいけませんし、触りたくても砂やゴミが手についている状態では目にバイ菌なども入ってしまいます。
それから最近は、目が異常にでかく見えるコンタクトも発売されています。ああいった商品を使っていると、外した時のギャップが大きくて笑われてしまいます。そう言った点は困ると思います。レ―シックもありますが、角膜が薄いと手術できないので、コンタクトとは一生付き合っていかなければならないのも困りものです。

注目情報